Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

移民・政策

支えるとか(おこがましい)より、共につくるが好きやなぁ

総務省の多文化共生事例集。 下の2つは、担い手としての外国につながるひと、という捉え方 そっちのほうがわくわく。 支える、も大切だけど、 支えられてるしな。 支えることができるという感覚も生きていくうえで必要だ。

外国人が増加?いや、すでに永住者資格ある人が●%で地域を支えてる

活動に制限のない在留資格の人が全体の60% その約半分(全体の30%)は 永住者の在留資格持ってる。 永住者は年に2-3万ふえてる 原則10年以上継続して住めばとれる 280万人の外国人のうち7万は非正規滞在。 そとそも外国籍じゃなくて外国につながる子もいるし…

日本語の教え方? ともに活動する〜文法より対話

日本語ボラの3つの基礎力(土台) 文法ではなく、対話で話せるようになることが大切! 日本語を上手くさせることより、日本語で伝え合うこと、理解し合うこと。 言語保障としての効率的な日本語教育は専門家が担う。 ボランティアは役割が違う。 Tutorは? …

カフェごはんで多国籍な人が料理修行

こういうの好き! https://greenz.jp/2019/07/31/cafe_sapana/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+greenzjp+%28greenz.jp%29

研修でお話おつかれちゃん

先生にお話させてもらう機会はだいじ。いわゆる“マジョリティ”側が、 揺さぶられたり考えたりする機会が大事。ヘテロがセクシュアリティ考えるのが大切なのとおなじ。 【できたこと】・ネイティブのスタッフと柔軟に掛け合いができた・相談窓口につなぐこと…

外国人向けサービスと生活サポート相談 ビジネスの、付帯サービスとしての相談

外国人に特化してSIM売ったり賃貸の保証している会社を見学さ せてもらった。 外国人向けサービスと生活サポート相談 ビジネスの、付帯サービスとしての相談 言語だけじゃなく文化、慣習も橋渡しできる、センパイ的な人が肝だ。 メモ。雑多。だけどいいのだ…

在留外国人、新たな投資テーマに:日本経済新聞

在留外国人、新たな投資テーマに:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41071710Y9A200C1EN2000/ 株式市場で「在留外国人」が新たな投資テーマとして投資家に注目され始めている。政府は外国人労働者の受け入れを拡大する方針を掲げる。在留…