Living Diversity

マニラでのソーシャルワークとの出会い記録から、日本のソーシャルワーク×多文化/法的支援、インドで暮らし、働き、旅するカラフルさ、インド&野草ごはん、身体を解すこと、レジリエンス/回復についての試行錯誤を記録したく。 私もあなたも、ゆるく受けいれて生きていけるといいなと祈りながら。 フィリピンのダグダガイという竹の棒とココナッツオイルを使うフットセラピーが大好きでマニラまで習いにゆき、ひっそり身近なひとに好評です:)要らないものがごっそり削ぎ落とされ、ぐぐっと押しポイントに届く感じがたまりません^^

2015-09-23から1日間の記事一覧

◼︎ミャンマーひとりたびday3 色んな意味で、身体感覚...

5時台にめざめて、スーレーパゴダへ。お香の香り、ここは他と違う。フルーティ。 入り口で鳥がたくさん売ってる。鳥を逃がしてやることで自分も放たれるみたいな。自由になれる感じでいいなと思って一羽とびたたせる。他のおばちゃんが大量にすすめてくる(´・…

◼︎ミャンマーひとりたびday2 チャイティーヨー、黄金の岩

バゴーとチャイティーヨーで迷って、チャイティーヨーへ。 日帰りはきつい、とガイドブックに書かれてたけど、タクシーチャーターして朝7時くらいに出れば、20時くらいにはヤンゴン帰ってこれる。 交渉して10万チャット。最初2倍くらいで言われたけど。笑 明…

◼︎ミャンマーひとりたびday1の4 はたらく日本人

夜は現地で働いている、お世話になった日本の方とごはん。 ミャンマー語は、こっちにきてから勉強しているらしい。タクシーやレストランでミャンマー語使われていると、かっこいい!と思う。わかんなくなってるのも、可愛らしいというか。笑 この国に合って…

◼︎ミャンマーひとりたびday1の3 シュエダゴンパゴダ

歩き方でも、るるぶでも紙面が多く割かれているパゴダ。 ひろっ!東京ドーム1.3個分(って、ドーム行くまでイメージ湧かなかったが) B.C.6世紀に、モン族のタプッサとバリカという商人の兄弟が、悟り開きたてのブッダに会い、聖髪8本をもらった。それをモン族…

◼︎ミャンマーひとりたびday1の2 偶然に身を任せ、尋ね。

その後、ボージョーアウンサン博物館へ。 スーチー女史が小さい頃寝ていたベッドも。家族写真多くて、あたたかだった。アウンサン将軍、日本に軍事訓練を学びに1940年に来てて、1945年には日本軍対抗運動。なんか、皮肉なような。 アウンサン氏のスピーチが…

◼︎ミャンマーひとりたびday1の1 風景

ミャンマーの人たちの朝は早く感じた。 6時くらいに目が覚めたら、バスの音。もう、人が歩いてる。屋台で朝ごはんをやっている。托鉢をしてる僧たちの姿も。 宿からボータタウンパゴダまで歩く。 9月後半、雨季が終わり、ひんやりとした風が心地よい。 パゴ…

◼︎ミャンマーひとりたび day0 のびやかに

友だちと、ミャンマーは熱い国じゃない⁈という話になって、勢いでミャンマー、一人旅。 シルバーウイークで有給とらず、チケットも8月にとって、16万とか、ほんまにアジアですかって値段やったけど、行ってよかった(^^) 成田から仁川経由でヤンゴンにゆくフ…